【実体験】上海で約3万円を騙し取られた話【お茶詐欺】

レビュー

今回は上海旅行に行った時の私のしくじり実体験をご紹介します。

私は絶対に詐欺に遭わないぞと思っている方ほど、見ていただきたいです。

【上海へ行った時の心得】
お茶会には絶対に行くな
親日家のふりをした中国人を見極めろ!
 

詐欺師にターゲットにされるまで

上海に上陸してから詐欺師に遭うまで

時は2017年の春。
大学時代に中国語を勉強していた友人2人と3泊4日の上海旅行へ行きました。

友人は半年前から上海の観光地を巡る場所をスケジューリングしてくれており、計画はバッチリ

友人2人は大学で2年勉強をしているだけあり、日常会話の中国語はぺらぺら。

まさか、上陸してたったの一時間後に詐欺に遭うなんて、この頃は予想だにしていませんでした。

前から親日家?の中国人女性が現れた!

上海空港から、観光地豫園へ。

1時間ほどで到着し、友人と写真を撮ってはしゃいでいました。

すると、前からニコニコ愛想の良さそうな若い女性2人が近づいてきて…

「写真撮ってくれませんか?(中国語)」と。
私には中国語はさっぱり分かりませんでしたが、シャッターを押すようなジェスチャーでなんとなく理解することが出来ました。
観光地を背景にシャッターを押します。

「”あなた達も撮りましょうか?”」とにこやかに中国語で言ってくれた(と思う)ので、お言葉に甘えて私たちも写真を撮ってもらうことに。

ざらめ
ざらめ

謝謝~^ ^(訳:ありがとう)

中国はいい人がいるんだなぁと、人の優しさに触れて心が温かくなる私たち。

唯一知っている中国語でお礼を言います。

「”あなたたちどこから来たの?”」とそこは何故か英語で聞いてきたので、

「”ジャパン”」と英語で答えます。

すると…

「”謝謝の発音が良かったからてっきり中国人かと思っちゃった!”」英語で返してきました。

「わー!めっちゃ嬉しい!」中国語を勉強してきた友人達は歓喜。

私は、別に中国語を勉強している訳ではないので、なんとなく複雑な思いに…(笑)

「”私のメイク道具全部キャンドゥなの!”」

「”私たち日本大好きで、東京に行ってみたいの!”」ノンストップで話し出す中国人2人組。

 

ただ、嫌な気にはなりませんでした。

 

中国には親日家なんていないと思っていたので、新日家の中国人がいる事実がすごく嬉しかったのです。

これから詐欺に遭うとも知らずに(2回目)

お茶会に誘われる

5分ほど立ち話した後…

「”今有名な中国茶の師匠が来ていて、私たち今からお茶するところなの。良かったら一緒にお茶でもどう?”」

お茶に誘われました。
中国で親日家の優しい中国人の2人組に出会えて、運命を感じた私たち日本人一行。

「行きます!」即答しました。

さあ…、悲劇の始まりです。

3畳ほどの部屋に連れていかれ鍵を閉められる

茶屋は、駅から歩いて10分ほどのところにありました。

道中、大きな羽を広げて飛ぶ、柴犬並みにデカくて茶色い鶏がいたり、ボロボロの小さなほったて小屋のような家が立ち並んでいたり…

観光地のはずが人通りが少なくなっていき、
私は少しずつ不安になっていました。

「”ここよ”」到着したのは茶屋なんてものはなく、ボロボロの小さな家。

中に入っても良いのかと躊躇しつつ、今どこに居るかがわからないので、もう後戻りできません。中に入りました。

3畳程の狭いスペースに押し込まれ、鍵がかかります。

一気に不安になりました。

高額なお茶会が始まる

狭い部屋の一室の奥に小さな扉がありました。
部屋から、チャイナ服を着た、幼い顔立ちの女性が現れました。おそらく14-15歳くらいでしょうか。

この方が、お茶会の主催者のようです。メニューを見せられます。

1杯あたり60元~90元。
日本円にして、1杯あたり1000~1500円

 

ざらめ
ざらめ

たっけぇ!!!!

 

1杯だけ飲んで早く帰ろう。

なんて思いましたが、中国人2人組はここでとんでもないことを言い出します。

「”中国のマナーでは最低3杯以上飲むのよ”」

「”ただ、3と4は縁起が悪いから5杯飲むのがおすすめ”」

ざらめ
ざらめ

こちとら手取り15万以下のOLぞ!?
お茶ごときで5000円も払えるか!

猛烈に帰りたくなって、チラチラ友人に目配せします。

が…

「じゃあ5杯いっとこうか~♪お茶の種類はどれにしよっかなぁ~?」 

友人達は大きな目をキラキラさせていました。

詐欺師を信じ切っている心の綺麗な友人達。

ざらめ
ざらめ

あれ?これ、私が間違ってる?お茶ってこのくらいの金額するもの?

自分の感覚がおかしいのかとプチパニックになっているうちに、地獄のお茶会が始まりました。



更なる金銭の要求

お茶会の内容はこんな感じ。

・熱湯をかけると模様が浮かび上がる陶器に湯をかけるパフォーマンス
・蕾になった茶葉に湯をかけて開花させるパフォーマンス
・縁起が良いとされるカエルの置物にお茶をかけてお腹をなでてお祈り

大さじ2杯ほどしか入らないであろう小さい器に入れられたお茶を、チビチビと5杯飲まされましたが、請求される金額を思うと気が気ではなく味は覚えていません(笑)

5杯飲み終え、もうお開きだろうとホッとしていたら…

「”あなたたちまだ時間はある?”」

「”実は、中国茶は8杯飲む方が縁起がいいとされているの”」

ざらめ
ざらめ

これは流石にまずい…

「いや!もう時間ないです!豫園に行くので!」すかさず声を上げる私と、

「折角やし8杯お茶飲んでから豫園に行こうや!!」困ったことに友人達はまだ騙されています。

 

ざらめ
ざらめ
 

え?あれ?これは、私感覚がおかしいんか?

感覚がバグり始め、自己嫌悪に陥る私。

にこやかな表情の中国人の2人は詐欺師とは思えないくらい愛想が良く、
友人達は尚もお茶をノリノリで注文しようとするのですから…。

中国茶は高いものだとどこかの記事で見たことがあったので、
はっきり「これは詐欺だよ!」と友人に言い切れない自分がいました。(詐欺なのに)

場の空気を壊すことを躊躇した私。
結局合計8杯のお茶を飲みました。

この時点で総額1万5000円ほど。

高額な茶葉と茶筒の購入を強要

ここまできたらもう諦めがつきます。

8杯のお茶を飲み、金を払って豫園へ行こうとしたとき、
善人の毛皮を被った我利我利亡者の詐欺師の戯れ言はまだ続きます。

「”実は、今回お茶を振舞ってくれた彼女はとても貧乏で、出稼ぎにいていてね。明日の食べ物もままならないの”」

「”だから私たち、お茶会の最後にはお土産のお茶を買って、支援してあげてるの”」

「”あなたたちも支援してくれない?”」

「もちろん買います!」友人達。

「えー…」私。

「”支援しない奴は中国では人でなしとされてるわ”」
→渋っていたらとんでもないことを言われました。

「………買います」買ってしまいました。

3000円ほどする茶筒と、1万円の茶葉を…。

連絡先を交換

「”ここで出会えたのも運命だからメールアドレス交換しない?”」

「”私たちはもう親友よ!”」

Yahoo!の捨てアドレスを教えました。

この行為に何の意味があったのかは謎です。

彼女たちから一度もメールが来たことはないので。



お茶会の代金を現金払い

お茶代を現金で支払い、やっとお茶会はお開きになりました。

やたらカード払いを勧められましたが、大金を引き落とされるきがしたので断固拒否しました。

お茶会からの帰り道 迫りくる怪しいおばさん

お茶会が終わり、豫園まで案内してもらってる道中、不可解な動きがありました。

人民広場というスペースを抜けて豫園まで向かったのですが、何やら突然絡んできた黒い服を着たおばさん。

私たちに近づき、詐欺師の耳元で何かを囁いてすぐに逃げていきました。

「あのおばさん、あなたたちになんて言ったの?」と、英語で訊ねます。

「”あなた達のこと、美人な中国人ねって言ってたわ”」

ざらめ
ざらめ

嘘つけ!!

おそらく、おばさんはこの詐欺集団のボスで、詐欺が上手くいったのかの報告をしていたのでしょう。

「”この先が豫園よ。楽しんできてね”」

やっと解放されました。

 

解放された後、後ろで盛大なため息をつく詐欺師の声が後ろで聞こえました。もっとお金をふんだくるつもりだったのでしょうか…?

今では分かりませんが、ため息を付きたいのはこっちの方…。

 

上海ディズニーの思い出はあまり残っていないのに、こちらのお茶詐欺は胸糞の悪い思い出として、私の中にずっと残っています。

まとめ ー詐欺に遭わないようにー

海外で親日家と装って詐欺をするパターンは中国以外でもあるようです。

海外で親日家と仰る方がすべて詐欺師とは言いませんが、すぐに心を開いてご飯に行くなんてことは避けた方が賢明でしょう…。

ご飯に行く先を相手ではなくこちらが提案して、相手が難色を示したら要注意

飛行機の時間が~等、適当なことを言ってさっさと離れてしまいましょう。

以上、海外旅行で私が実際に遭った詐欺についてご紹介しました!

最後に…
詐欺をした彼女たちが現在、まっとうな職についていることを願います。

ざらめ
ざらめ

ほなまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました