岩盤浴でお肌ガサガサに!?肌が喜ぶおすすめの入浴法

レビュー

岩盤浴大好きな方、多いですよね。

岩盤浴では身体の内部からじんわり汗をかくので、お肌の調子を整えることが出来るといわれているからです。

が、、、入り方を間違えると……

ざらめ
ざらめ

岩盤浴行ったら余計に肌が荒れた!!!!!

岩盤浴を利用して、肌が潤うどころか粉が吹くほどガサガサになったことありませんか?

私はあります。

ざらめ
ざらめ

岩盤浴に行った翌日、足のすね部分がウロコ状にひび割れました(笑)

実は、岩盤浴の利用方法、結構間違えている方多いんです。

そこで、今回は肌を整えるために有効的な岩盤浴の利用方法をご紹介^ ^

岩盤浴の利用経験がない方も、岩盤浴の利用経験がある方も必見です!

岩盤浴でかいた汗は天然の化粧水

岩盤浴室内は基本40~50℃となっており、中に10~20分ほど入るだけでもじわじわと汗をかきます。

岩盤浴でかく汗は、暑い日にかくようなベタつく脂汗とは違います。
サラサラとした無臭の綺麗な汗

この汗が、天然の化粧水と呼ばれており、保湿力をぐんと高めてくれるんです。

1度目に出た汗は、体内から出た毒素や肌表面の汚れが付いているのでタオルで拭き取った方が良いですが、
2度目以降の汗は保湿力を高めるためにも、拭き取らずに、しっかり肌に浸透させた方が良いのです^ ^

ざらめ
ざらめ

私は当初、汗をかく度タオルでふき取ってしまってました…

身体を石鹸で洗うのはNG

岩盤浴で汗をかいた後、石鹸で体を洗いたい気持ちや、お風呂に入りたい気持ちも分かるのですが、
汗はあまり流さない方が良いです。

ざらめ
ざらめ

私は岩盤浴に入った後石鹸で洗ってしまったため、肌がガサガサになりました…泣

岩盤浴で得た保湿成分を全て洗い流してしまったのが原因です。

ただ、汗を流さないのは抵抗がある方がほとんどだと思いますので、その場合は石鹸等は使わずにささっとお湯で洗い流すのがおすすめです!



お肌が喜ぶ!岩盤浴の利用方法

ここからは、私のおすすめするお肌すべすべになる入浴方法をご紹介します!
手順はたったの6ステップ♪

1.岩盤浴をする前に、まずは入浴して体の汚れを洗い流しましょう!
頭もしっかりと洗って、メイクも落としてしまいましょう😊
サウナで汗をかいておくのも効果的♪
(サウナと岩盤浴でかく汗の種類は別物なのでよりデトックス効果が期待できます)

2.いざ、岩盤浴
岩盤浴着の下は、できるだけ下着は付けない方がGOOD!

3.うつ伏せで5分、あおむけで10分寝転がる。
床と身体はなるべくピタッと密着させましょう。
暑さで苦しくなってきたら、無理をせず外に出て水分補給とクールダウンをしましょう。
とにかく我慢は厳禁。徐々に慣れていけば大丈夫です^ ^

4.水分補給と冷却房等でクールダウンをする。

5.上記【3-4】の流れを、3回ほど繰り返しましょう。

6.岩盤浴が終わったら、シャワー等で洗い流さず、そのまま帰宅。

汗が気になる場合は、石鹸は使わずにさっとシャワーをかける程度がいいです。

更におすすめの岩盤浴の入り方

アカスリをして発汗効果UP♪


岩盤浴施設に、おそらくあるであろうアカスリ施設。
プロの施術になるので30分5000円ほどかかりますが、岩盤浴をする前にアカスリをしておくと、
発汗効果がUPしてよりデトックス効果が期待できます^^
特別な日の自分へのご褒美にいかがでしょうか?

下着を付けないことに抵抗がある場合は紙パンツを

女性で気になる方は、紙パンツやゆったりしたブラがおすすめ。
紙パンツはダイソー等の100均でも購入出来ますよ^ ^

岩塩をお腹に乗せて身体ポカポカ

もし、岩塩が敷き詰められた岩盤浴に入った場合は、
5つくらいの岩塩をお腹に乗せてみましょう。
お腹がじんわり温まってとてもリラックス出来ます。

まとめ

岩盤浴でかく汗は保湿効果がある
水分補給は忘れずに!
岩盤浴の後は身体を洗い流さない方が効果が続く

くれぐれも、岩盤浴に入った後、石鹸で過剰に洗わないようにしましょう!!

ざらめ
ざらめ

ほなまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました